さまざまな資金の集め方。 あなたのビジネスに合った調達法はどれ?

個人と企業で資金調達の方法に違いはある?

ビジネスを支える大事な資金調達

資金面の問題というのは個人経営や中小企業、大企業など企業の規模に関わらず常に考えていなければいけない重要な問題です。
資金なくしてビジネスはできません。
資金を調達するにはいろいろな方法があり、個人経営や企業というビジネス形態を問わず、どの方法が最適であるかはビジネスのスタイルによって変わります。
ビジネスにおいて資金を必要とする場面は多々ありますが、まずは新規にビジネスを起こすときでしょう。
もちろん業種や職種によって細かい条件などは違ってきますが、ここでは大まかに捉えて話を進めていきたいと思います。

新規事業を立ち上げる時はあらかじめ事業資金は準備しておくものですが、ビジネスの規模によっては全てを最初から用意することはできません。
また、どのようなアクシデントが起こるかも分かりませんから、余裕のある資金調達が必要です。

ビジネスが立ち上がってからも維持費は常に掛かります。
事業が順調に進んでいても安心できません。
取引先から入ってくる儲けがすぐに手元に入ってくるわけではないからです。
実際の入金は数か月先になることも珍しいことではありません。
しかし、その間にも様々な支払いは生じていますので、それらの支払いための運転資金が必要になります。
会社の利益は充分に出ていて、いわゆる黒字経営ができていても、先程のように実際の入金までに時間がかかるために倒産してしまうという場合もあるのです。
そのため、現実の問題として多くの企業が常に資金の調達に追われているという状況ではないでしょうか?

▲ PageTop