さまざまな資金の集め方。 あなたのビジネスに合った調達法はどれ?

>

ビジネスは情熱だけでは始まらない

返済しなくてよいお金

企業が会社を運営し続けるための資金調達法には出資と融資の2つの方法があります。
出資とは返済しなくてよいお金です。
そう聞くととても便利でぜひ活用したいと思いますが、寄付ではありませんので条件が付いてきます。
出資する側からすれば、その会社の今後の成長や、上場した際の株価の値上がり、また配当金の還元を期待したり、経営権を手にすることを目的としています。
そのため、出資金を思うように使うことはできますが、その経営活動としては自由にできない場合があります。
起業する際に自分であらかじめ資金を準備しておくことも出資になります。
しかし、準備できる資金には限界がありますのでビジネスの規模によってはとても自分で用意できるものではありません。

強い味方になるけれど

一方、融資とは返済しなければいけないお金です。
融資と聞いてまず思い浮かぶのは、銀行からの融資ではないでしょうか?
確かに大手の銀行の場合ですと支店が多数ありますので利用しやすいというのがメリットです。
しかし、銀行からの融資を受ける場合は資金を調達できるまでの過程が大変で、金利という負担や担保が必要であるというデメリットが出てきます。
とはいえ、融資は銀行でしか受けられないわけではありません。
政府系の金融機関や各自治体から受けられる融資もあります。
こちらは比較的金利は低くなりますが、さまざまな書類を提出しなければいけません。
また、融資を認めてもらえるために相手を納得させられる説得力のある充分な説明が必要となります。


この記事をシェアする
▲ PageTop